財産分与(離婚)による所有権移転登記

離婚する際に、財産分与として土地建物やマンションの名義変更したいという場合の手続きの流れです。

▼相談・打ち合わせ
ご持参いただきたい資料は、対象不動産に関する資料です。
権利証または登記識別情報、登記完了証、固定資産税納付書、登記事項証明書のうちいずれか1つでも結構です。

登記名義人の方の氏名や住所が変更になっている場合は、そのつながりが分かる資料として、住民票や戸籍の附票も必要となりますが、ご相談の際に準備ができていなくても大丈夫です。

離婚届を提出していなくてもご相談は可能ですが、実際に財産分与による所有権移転登記申請は、離婚届提出日以降でないと申請できません。

打ち合わせ当日は必要書類などのご案内、登記費用のご案内、日程調整などを行います。

▼後日、司法書士の方で作成した書類に、当事者の方々が署名・捺印していただくために、再度ご来所いただきます。

▼書類が整いましたら、法務局に登記申請をします。

▼登記完了まで1週間から10日くらいかかります。

▼登記完了書類をご自宅にお送りします。