相続人に未成年者がいる場合、特別代理人が必要

特別代理人選任申立手続

遺産分割協議や相続放棄申述をするにあたって、相続人の中に未成年者がいる場合には、その未成年者と親権者の利益相反を避けるために特別代理人の選任が必要なことがあります。特別代理人選任申立は、家庭裁判所に対し行います。小川司法書士事務所では、特別代理人選任申立書作成のサポートを行っています。

特別代理人選任申立手続の流れ

初回相談

亡くなった方の除籍謄本(未成年者との相続関係が証明できる範囲まで)
除住民票・相続放棄の申述をされる方の戸籍謄本・住民票・遺産分割協議書の作成案などをご持参いただくとスムーズです。相談は無料です。

必要書類の収集

上記必要書類を完備。遺産分割協議書案の作成については小川司法書士事務所によるサポートも可能です。
司法書士にご依頼いただくと戸籍謄本等の公的書類は取得代行も可能です(取得手数料は1通1,620円)。

家庭裁判所に特別代理人選任申立書類を提出

裁判所は亡くなった方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所となります。
申立書には特別代理人の候補者を記載する欄がありますのであらかじめ候補者を立てておく必要があります。

家庭裁判所から申立をした人に宛てて照会書が届く

申立の内容に間違いがないかを確認するための書類です。

申述をした人が照会書に記入して家庭裁判所に返送

家庭裁判所から特別代理人選任の審判書が届く

この審判書を元に、特別代理人が未成年者の法定代理人として遺産分割協議に参加したり、家庭裁判所に対し相続放棄の申述を行ったりすることになります。

特別代理人選任の申立書作成報酬

申立書作成報酬は、1件あたり21,600円(税込)です。
このほか印紙代800円、切手代数百円、登記簿謄本代等実費がかかります。
戸籍謄本等添付書類の収集代行も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。04-7160-4488受付時間 9:00-21:00 [土日祝日も相談可]

メールでのお問い合わせはこちら

ご相談の予約について

ご相談は完全予約制となっております。
電話またはご相談予約フォームから予約をお願いいたします。
電話 04-7160-4488