抵当権の抹消登記は早めに済ませましょう

住宅ローンを完済すると借りていた銀行や保証会社から完済のお知らせとともに抵当権抹消手続きの書類が送られてきます。

完済したから安心だと思ってそのままにしておくと、登記簿には抵当権が残ったままになってしまいます。

いざ売却しようとか、相続登記をしたいというとき、「何年も前に完済したはずの抵当権が消えていない」ということになってしまいます。

そうなると、売却する予定だった自宅が予定通り売却できなくなったり、相続登記をするのに時間がかかったりという事態になります。

そうならないように、住宅ローンを完済したら早めに抵当権抹消登記の手続きをしましょう。


司法書士手数料は7,560円(消費税込)
土日祝日でもご来所いただけます(要予約)。

 

 

手続きの流れ

電話かご相談予約フォームで申し込み
電話 04-7160-4488
ご相談予約フォームはこちら

ご相談予約 

依頼主の方が事務所に訪問(または書類を郵送)
書類確認、委任状に署名・捺印
登記費用精算(または後日精算)

当事務所が登記申請を代行
できあがるまでに、だいたい10日間くらいかかります

書類を依頼主に返却(来所または郵送)
ありがとうございました(^0^)

 

住所変更登記が必要な場合があります。

住宅ローンで抵当権設定をした時と、現在とで住所が変わっている場合は、抵当権抹消登記の前に「住所変更登記」をする必要があります。

「住所変更登記」には、登記簿上の住所から現在の住所に住所が変わったことを証明する書類として、住民票や戸籍の附票が必要となります。

それでも住所移転の経緯が証明できない場合には、権利証を提出し法務局にはそのコピーを提出することもあります。

お気軽にお問い合わせください。04-7160-4488受付時間 9:00-21:00 [土日祝日も相談可]

メールでのお問い合わせはこちら

ご相談の予約について

ご相談は完全予約制となっております。
電話またはご相談予約フォームから予約をお願いいたします。
電話 04-7160-4488