法定後見制度を利用するためにかかる費用

実費としてかかる費用
申立手数料としての
収入印紙
1件につき800円。
代理権・同意権付与の申立も同時に行う場合は、
別途各々800円が必要です。
登記手数料としての
収入印紙
2,600円
郵便切手 各家庭裁判所によって異なりますが数千円。
鑑定費用 数万円
(裁判所・事案によって異なります)
戸籍・住民票の印紙代 戸籍謄本は1通450円。住民票は1通200円~400円
(役所によって異なります)。
その他、推定相続人確定のため、
まとまった通数の戸籍謄本や除籍謄本が必要となります。
登記簿謄本の印紙代 1通480円~600円
評価証明書の印紙代 本人が不動産を所有している場合に必要です。
1通300円程度(役所によって異なります)
成年後見に関する
登記事項証明書の
収入印紙代
登記されていないことの証明書。
1通につき300円
本人の診断書 かかりつけの医師に発行してもらうので、
病院によって多少前後しますが
5,000円~1万円くらいです。
法定後見人の報酬 後見審判開始後、法定後見人が職務の対価として受け取る報酬です。
後見人が家庭裁判所に報酬付与の審判の申立を行い、金額は職務の内容・本人の財産などに応じて家庭裁判所が決めます。
申立に関する司法書士報酬(消費税込み)
基本手数料 1件につき10万円。
申立手続きに関する業務の手数料です。
相談料・申立書作成・申立から審判までのサポートなどの
手数料が含まれています。
戸籍・住民票の取得 戸籍・住民票の取得を代行する場合、
一通につき1,620円
登記簿謄本の取得 登記簿謄本の取得を代行する場合、
一通につき1,080円

費用の詳細については、事務所にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。04-7160-4488受付時間 9:00-21:00 [土日祝日も相談可]

メールでのお問い合わせはこちら

ご相談の予約について

ご相談は完全予約制となっております。
電話またはご相談予約フォームから予約をお願いいたします。
電話 04-7160-4488