訴訟手続きの費用について

訴訟にかかる司法書士報酬も自由化されております。どの司法書士に依頼するにせよ、あらかじめ十分に説明を受けるようにしてください。

訴訟代理人を依頼する場合の費用

実費としてかかる費用
訴状に貼る印紙代
訴状に添付する切手代
内容証明を利用する場合の郵便代
戸籍・住民票を取り寄せる場合の印紙代
登記簿謄本を取り寄せる場合の印紙代

これらは裁判所に訴状を提出する前に、代理人を立てようが立てまいが、かかる費用となります。

申立手数料となる印紙代は、訴額によって違ってきますので、ご相談の際におおよその額を算出致します。

これらの費用は、訴状提出前にお預りし、訴訟終了後に精算して、残金があればご返金致します。

司法書士報酬(消費税込み)
着手金
経済的利益 着手金
~30万円 80,000円
~90万円 90,000円
~140万円 100,000円
少額訴訟の場合は、訴額に関係なく 50,000円
難易度加算 難易度に応じて着手金の30%内で加算
成功報酬 依頼人が実際に獲得した経済的利益の10%を加算
日当 法廷への出頭回数が2回以上になった場合、
1回あたり25,000円以内
内容証明作成 内容証明を作成する場合、
一通につき16,200円
戸籍・住民票の取得 戸籍・住民票の取得を代行する場合、
一通につき1,620円
登記簿謄本の取得 登記簿謄本の取得を代行する場合、
一通につき1,080円
その他通信費実費 訴訟終了時に精算

上記司法書士報酬には、訴状・申立書・答弁書などの作成、裁判所への提出、法廷への出頭などの一連の業務に対する費用が含まれております。
また、強制執行が必要となった場合は、実費・司法書士報酬ともに、別途費用が発生致します。
費用の詳細については、事務所にお問い合わせください。
資料を拝見させて頂いた上で詳しくお見積りをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせください。04-7160-4488受付時間 9:00-21:00 [土日祝日も相談可]

メールでのお問い合わせはこちら

ご相談の予約について

ご相談は完全予約制となっております。
電話またはご相談予約フォームから予約をお願いいたします。
電話 04-7160-4488