父(または母)の氏を称する入籍

司法書士は、相続登記の申請手続きを代行するため、戸籍謄本を手に取る機会が多いわけですが、「父(または母)の氏を称する入籍」という記載を見ることがあります。

父または母の氏を称する入籍とは、父母が離婚することより父または母と氏を異にした子どもが、父または母の戸籍に入ることにより氏を同じくすることをいいます。
父母が離婚をしても離婚届は夫婦間の届出のため、子どもの戸籍に変動はありません。子どもの戸籍を現在の戸籍から父または母の戸籍に入れるには、家庭裁判所の許可が必要になります。
家庭裁判所の許可を得るためには、子どもの住所地を管轄する家庭裁判所で子の氏変更許可審判の申立てをします。
申立人は、15歳以上の子どもの場合はその本人です。15歳未満の子どもの場合は親権者となります。

申立時の提出書類は、
(1)子の戸籍籍本(離婚の届出をした記載があるもの)
(2)母の戸籍謄本
となります。

申立人が家庭裁判所から審判書を受領したら、本籍地または住所地の市区町村役場で入籍届を提出します。

届出時の提出書類は、
(1)家庭裁判所から交付された審判書謄本
(2)届出地が本籍と異なる場合は、子どもの戸籍謄本・母の戸籍謄本
となります。

父母の離婚の際に、すでに子どもが結婚していると子どもは別の戸籍を作っているわけですが、その子どもがこの父または母の氏を称する入籍をすると、新たに入籍した氏の戸籍が編製されることになります。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0471604488電話番号リンク 問い合わせバナー